DXRuby 1.4.5 Reference Manual
INDEX > Window

module Window

Description

ウィンドウ生成、グラフィック描画、画面更新を扱います。

Module Methods

loop
メインループとして渡されたブロックを実行し続けます。
close
ウィンドウを明示的に閉じます。閉じるとWindow.loopがそのフレームで終了します。
created?
ウィンドウが開いている場合にtrueを返します。
closed?
ウィンドウが閉じられている場合にtrueを返します。
draw
単純描画をします。
draw_scale
縦、横の拡大率を指定して描画します。
draw_rot
回転角度と中心を指定して描画します。
draw_alpha
アルファ値を指定して描画します。
draw_add
加算合成描画をします。
draw_sub
減算合成描画をします。
draw_shader
シェーダ処理を適用して描画します。
draw_ex
拡縮、回転、半透明、加算合成を一括指定して描画します。
draw_font
DirectX APIで文字を描画します。単純文字描画であるため、描画は高速です。
draw_font_ex
内部でImageオブジェクトを生成、Image#draw_font_exを呼び出して描画し、それを画面にWindow.draw_exで描画することで高品質な文字描画を行います。
draw_morph
4点を自由に指定してimageを描画できます。これを使うと自在に変形した画像を描画することができます。
draw_tile
タイルチップと二次元配列を使ってマップ描画をします。
draw_pixel
画面の(x, y)に点を描画します。
draw_line
画面に(x1, y1)~(x2, y2)を結ぶ線を引きます。
draw_box
画面に(x1, y1)~(x2, y2)の矩形を描画します。
draw_box_fill
画面に(x1, y1)~(x2, y2)を塗りつぶす矩形を描画します。
draw_circle
画面の(x, y)を中心に半径rの円を描画します。
draw_circle_fill
画面の(x, y)を中心に半径rの塗りつぶした円を描画します。
ox
X軸方向の描画位置補正を返します。
ox=
X軸方向の描画位置補正を変更します。
oy
Y軸方向の描画位置補正を返します。
oy=
Y軸方向の描画位置補正を変更します。
get_screen_shot
スクリーンショットをファイルに保存します。
get_load
fps=で指定されたFPSでの1フレームに対する処理時間を返します。
open_filename
ファイルオープンダイアログを表示します。
save_filename
ファイルセーブダイアログを表示します。
folder_dialog
フォルダダイアログを表示します。
create
ウィンドウを作成します。
sync
Window.fps=で指定されたfpsになるようにウェイトを入れます。
update
画面を更新します。
load_icon
16*16*4bppの画像ファイルを読み込み、ウィンドウ左上のアイコンを変更します。
hWnd
ウィンドウハンドルを返します。
x
ウィンドウの表示位置のX座標を返します。
x=
ウィンドウの表示位置のX座標を返します。
y
ウィンドウの表示位置のY座標を返します。
y=
ウィンドウの表示位置のY座標を変更します。
width
ウィンドウの画面幅を返します。
width=
ウィンドウの画面横幅を変更します。
height
ウィンドウの画面幅を返します。
height=
ウィンドウの画面縦幅を変更します。
caption
タイトルバーの文字列を返します。
caption=
タイトルバーの文字列を変更します。
scale
ウィンドウの画面サイズに対する拡大率を返します。
scale=
ウィンドウの画面サイズに対する拡大率を変更します。
windowed?
ウィンドウモードである場合に真を返します。
windowed=
ウィンドウモード/フルスクリーンモードを変更します。
full_screen?
フルスクリーンモードである場合に真を返します。windowed?の逆です。
full_screen=
ウィンドウモード/フルスクリーンモードを変更します。windowed=の逆です。
real_fps
画面の秒間更新回数を返します。
fps
画面の秒間更新回数を返します。
fps=
画面の秒間更新回数を変更します。
frameskip?
コマ落ち制御をする場合に真を返します。
frameskip=
コマ落ち制御をするかどうかを変更します。
bgcolor
毎フレーム自動的に実行される画面のクリアに使う色を返します。
bgcolor=
毎フレーム自動的に実行される画面のクリアに使う色を変更します。
min_filter
draw_scaleやdraw_exのscale_x/yキーで縮小する場合に使用されるフィルタを返します。
min_filter=
draw_scaleやdraw_exのscale_x/yキーで縮小する場合に使用されるフィルタを変更します。
mag_filter
draw_scaleやdraw_exのscale_x/yキーで拡大する場合に使用されるフィルタを返します。
mag_filter=
draw_scaleやdraw_exのscale_x/yキーで拡大する場合に使用されるフィルタを変更します。
resize
ウィンドウのサイズを変更します。
active?
ウィンドウがアクティブかどうかを返します。
running_time
ウィンドウを生成してからの経過時間をミリ秒単位で返します。
get_screen_modes
フルスクリーン時に使用可能な解像度を返します。
get_current_modes
現在の解像度を返します。
discard
Window.draw系メソッドによる描画予約を取り消します。
decide
Window.discard時の取り消しから保護します。
before_call
一括処理用のHashオブジェクトを返します。
after_call
一括処理用のHashオブジェクトを返します。