DXRuby 1.4.5 Reference Manual
INDEX > Image

class Image

Description

画像を扱うクラスです。
データはメインメモリに配置されるため、ピクセル単位の自由な操作が可能ですが、CPU処理になるため時間がそれなりにかかります。
Window.draw系メソッド、RenderTarget#draw系メソッドに渡すことで画面やRenderTargetに描画することができます。
Imageへの回転・拡大・縮小描画は実行パフォーマンスの問題と作者の技術力とやる気の制限によりサポートされておりません。
デバイスロスト時にデータが消えません。

Class Methods

new
Imageオブジェクトを生成して返します。
load
画像を読み込み、Imageオブジェクトを生成して返します。
load_tiles
画像を読み込み、横・縦がそれぞれxcount個、ycount個であると仮定して自動で分割し、左上から右に向かう順序でImageオブジェクトの配列を生成して返します。
create_from_array
色情報を格納した配列からImageオブジェクトを生成して返します。
load_from_file_in_memory
メモリ上のデータからImageオブジェクトを生成して返します。
perlin_noise
パーリンノイズを計算して0.0~1.0の値を返します。
octave_perlin_noise
パーリンノイズを計算して0.0~1.0の値を返します。octaveで指定された回数だけ再帰合成されます。2回目以降はxyzの値を2^回数倍、取得した値をpersistence倍して合成します。
custom_perlin_noise
パーリンノイズを計算して0.0~1.0の値を返します。octave_perlin_noizeよりももっと自由に直接的に合成パラメータを指定できます。
perlin_seed
パーリンノイズの乱数の種を指定します。指定しなくても初期値は設定されていますが、指定しないと毎回同じ結果が返ります。

Instance Methods

dispose
selfの画像リソースを解放します。
delayed_dispose
selfの画像リソースを、delayed_disposeが呼ばれたフレームの描画処理が終わった後に解放します。
disposed?
selfがdisposeされている場合に真を返します。
[]
Imageオブジェクトの該当ピクセルの色をARGB配列で返します。
[]=
Imageオブジェクトの該当ピクセルの色を変更します。
compare
Imageオブジェクトの該当ピクセルの色がcolorと一致する場合に真を返します。
line
Imageオブジェクトの(x1,y1)-(x2,y2)に線を描画します。
box
(x1,y1)-(x2,y2)の中を塗りつぶさない四角形を描画します。
box_fill
Imageオブジェクトの(x1,y1)-(x2,y2)の範囲を塗りつぶします。
circle
Imageオブジェクトの(x,y)を中心とした半径rの円を描きます。
circle_fill
Imageオブジェクトの(x,y)を中心とした半径rの円を描き、塗りつぶします。
triangle
Imageオブジェクトの(x1, y1)-(x2, y2)-(x3, y3)を結ぶ三角形を描画します。
triangle_fill
Imageオブジェクトの(x1, y1)-(x2, y2)-(x3, y3)を結ぶ三角形を描画し、塗りつぶします。
fill
Imageオブジェクトの全体を塗りつぶします。
clear
Imageオブジェクトの全体を[0,0,0,0]で塗りつぶします。
copy_rect
selfのオブジェクトのx/yの位置に、imageで指定したオブジェクトのx1/y1/width/heightで指定した部分をコピーします。
draw
selfのオブジェクトのx/yの位置に、imageで指定したオブジェクトのx1/y1/width/heightで指定した部分をコピーします。
draw_font
Win32APIでビットマップを取得し文字を描画します。
draw_font_ex
Win32APIでビットマップを取得し、袋文字や影などのエフェクトをつけて高品質な文字を描画します。
save
selfの画像を指定のフォーマットで画像ファイルとして保存します。
slice
selfの画像から、x/y/width/heightで表される部分を切り出して新たなImageオブジェクトを生成して返します。
slice_tiles
selfの画像を横・縦それぞれxcount個、ycount個に分割し、左上から右に向かう順序でImageオブジェクトの配列を生成して返します。
dup
selfをコピーして新たなImageオブジェクトを生成して返します。
clone
selfをコピーして新たなImageオブジェクトを生成して返します。
set_color_key
selfの画像で、colorで指定された色と同じ色のα値を0にします。
width
画像の幅を返します。
height
画像の高さを返します。
flush
selfの透明ではないピクセルをすべてcolorで指定した色に置き換えたImageオブジェクトを生成して返します。
effect_image_font
selfの赤成分とα成分を合成し、それをグリフ情報として使ってdraw_font_exと同じエフェクトをかけたImageオブジェクトを生成して返します。
change_hls
selfに対して色相、輝度、彩度それぞれの差分を加えたImageオブジェクトを生成して返します。